EDUCATION
MESSAGE

人材育成部長
メッセージ

人材育成部 部長

宮田 寛子2015年入社

※所属部署名は取材当時のものです

自らキャリアを設計し、
達成する能力を身につける企業文化への変革を。

多才な人材が集い、
多様な挑戦を行える会社へ

当社に転職する前はコンサルティングファームに勤めており、SOMPOシステムズはお客様でした。コンサルタントとしてお客様に人材戦略の課題解決策を提案する中で、実際に会社に入り課題解決策を実現していく戦力になれたらとの思いがありました。そして縁あって2015年に当社に転職し現在に至ります。

当時からの当社の課題認識は、世の中の技術革新が今までにないスピードで進化するなか、SOMPOグループの唯一のIT企業たる当社が提供するITサービスも進化し続けるために、当社社員も高いIT技術力をもち続け進化し続けなければいけないということです。しかし、SOMPOグループの事業拡大にともない当社が提供するサービスの種類・規模も増大する中で、パートナー会社への依存度が高くなったことを背景に、社員自身がIT技術力を発揮する機会が減少してきた現状があります。世の中の技術革新に遅れをとらないように、IT技術力を取り戻していかなければなりません。それには、何か新しいサービスを提供しようとなったとき、まず、当社の中に保有するIT技術力を発揮し、新しい技術を取り入れながらタイムリーに開発ができ積極的に発信できる、そんな戦略的なIT企業になるべきです。
たとえば、オーケストラで音楽を奏でるためには、指揮者だけでなくそれぞれの楽器を美しく奏でる演奏者が必要なように、当社がITサービスを提供するために、システム開発を指揮するプロジェクトマネージャだけでなく、各技術に精通したプロフェッショナル人材が必要なのです。
もちろん、金融系ならではの堅牢さは確実に保ちつつ、多才な人材が集い多様な挑戦を行える会社になること。それが、課題を乗り越えた先の、あるべき姿なのです。

会社の本気度を示す「スペシャリティ認定制度」

そのような背景があり、2018年から運用を開始したのが「スペシャリティ認定制度」です。キャリアを社員自身が設計し、その達成に向かって再現性のある力を身につける企業文化へと変革することを目的に、数年がかりで構築してきました。これはIT技術力を取り戻すことへの会社の本気度を示す施策だと思います。
まず、「スペシャリティ」とは「専門性」を意味します。あえて「専門職」としていないのは、職をかけ持つのは難しいが、専門性は自分の中に複数もちあわせ、その組み合わせで最善の提案をしていくことができるからです。
そして、この制度は、戦略的IT企業に必要なスペシャリティを6領域定め、各領域に3つのランクを用意しています。
認定は、社長により任命された各領域の「オーナー」と呼ばれる当社第一人者の指揮・監督のもと社内審査、社外審査を経て、公平性や説得力を担保しながら、最終的に人材育成委員会という場において一人ひとり丁寧に認定していきます。わたくしの統括する人材育成部は事務局として全面的に支援し、社員がこの制度にスムーズにチャレンジできる環境を整えます。1年に1回実施されるこの認定プロセスには、年間を通して当社全体で数百名の応募者があり、少しずつ定着化してきています。応募することでこれまでの経験の棚卸になったり、成長意欲やジョブローテーション希望率がアップしたりするなどの効果も出てきています。

お客様のビジネスに貢献できる育成を目指す

これからの抱負は、スペシャリティ認定とその専門性をベースにした業務や活動を可視化していくこと。そして、日ごろの業務だけでは経験できない、多彩な体験を積みながら、柔軟な発想でIT技術の活用を推進していける底力をつけていくことです。そのために認定更新制度を設け、その認定や専門性をどう活かしたかをポイント化し、加算していく仕組みを取り入れています。ただ認定を持っていても意味がありませんし、認定者をインフルエンサーとして、これからチャレンジする社員も巻き込んで様々な体験・実験ができる場を提供していきます。
スペシャリティ認定制度、認定更新制度における当社ならではのポイントは、専門性を重視しながらも「お客様目線」をどの領域でも中心に据えて定義していること。SOMPOグループの企業価値最大化のために全身全霊を傾けることができる点は、自社利益に立脚しなくてはならない独立系のIT企業とは違い、わたしたちの会社の強みであり自負でもあります。ITは今ビジネスの中心。当社としてはSOMPOグループの一員としてニーズに応えシステム化していくことと共に、IT技術を熟知しているからこそ時代の流れをとらえた先進的な提案・社会実装を行うことで、よりビジネスへ貢献していける技術者集団を目指していきます。

楽しみながら働くということ

大きな視点での人材育成方針では、「楽しみながら働く」ということをいかに理解してもらうかを重視しています。ITシステムの開発現場は厳しいというイメージが先行しますが、それを乗り越える一つの手段として、「楽しむ」ことが挙げられると、今までの経験からわたくしは思っています。楽しむために必要なことは、二つあります。一つは自分で決断できること。もう一つは自分がやっていることとは全く違うことに興味を持つこと。業務を遂行する中で立ちはだかる壁を打ち破る選択肢は一つではありません。これをやればいい、と決めつけるのではなく、常に選択肢をいくつも持っていてほしいと思います。
その施策の一環として行っているのが「Fast Path」プロジェクトです。人材育成部が顧客役となり、実ビジネスを題材に現実的な問題を解決するシステム開発を、新人たちだけで行うというもの。要求分析、要件定義から設計、製造、テスト、リリース、保守運用までを担い、全行程を経験してもらいます。入社から5年、10年くらいしないと経験できないことを1年目で体験することで、自ら気付き、考え、選択し、実行することを身に付けてもらいたいという思いで立ち上げました。
このように、当社にはいろいろな成長のプランがあります。楽しみたい、やってみたいという気持ちさえあれば事前準備は必要ありません。やる気のある方々とのご縁をお待ちしています。

※当社社長への報告会に使用したポスター