HOME > 会社紹介 > ご挨拶

会社紹介会社紹介

代表取締役社長 宮嵜 義久

ご挨拶

 当社が所属するSOMPOグループは、「安心・安全・健康のテーマパーク」をグループのブランドスローガンとし、より多くのお客さまの「安心・安全・健康」に資する最高品質のサービスを提供して、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会の実現に貢献することを経営理念としています。「安心・安全・健康」という抽象的な概念を、IT技術・ソリューションで目に見える形にしていきます。
 特に、SOMPOグループの戦略的IT企業として、SOMPOホールディングスが展開する5つの事業分野、①国内損保事業、②国内生保事業、③介護・ヘルスケア事業、④海外保険事業、⑤デジタル事業において、先進のICT・デジタル技術を基軸に、お客さまおよびSOMPOグループ各社を強力に支援する役割を担っています。

 当社は、経営基本方針として“Our Way”を掲げています。我々を取り巻く環境が激しく変化する“ニューノーマル”な時代において、ICT・デジタル技術・データを活用した最適なソリューションによりお客さまに最大の付加価値を提供するために、全役職員の「共通の価値観」と「とるべき行動」を示しています。
 企業の進化・発展には、ICT・デジタル技術による産業界の革新が不可欠であり、事業会社自ら企画・実装し、実現していくべきと考えます。当社も、社員一同“Our Way”を心に刻み、高い志で様々な取組みへのチャレンジを続けています。

 その一つが、現在手掛けている次世代の損保基幹システムを再構築する「未来革新プロジェクト」です。日本の主要金融機関に先駆け、オープン技術、特にJAVA技術を全面採用し、2021年3月に『MIRAI』システム第1期をリリースしました。基幹業務のオープン化は、経済産業省のDXレポートにある「2025年の崖」にも対応しており、インターフェースのAPI化を容易にし、極めて柔軟性の高い基幹システムを有することの意義を高めていきます。

 また、「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現のために、AIやIOTに代表されるデジタル戦略分野でも専門性を持った社員を輩出しています。単に要素技術を極めるのではなく、各種業務アプリケーション上にAI等の最新技術を実装し、お客さまや事業会社社員に利用してもらいながらチューニングを行い、技術を高めていくことを日々実践しています。このような実務に沿った技術の洗練は、事業会社に所属する戦略IT企業だからこそできることだと考えています。

 人材育成や働き方改革についても積極的に取り組んでいます。専門職制度であるスペシャリティ制度を2018年度から順次導入し、プロジェクトマネージャーやビジネスアナリスト、アプリケーションスペシャリストなど、多数の専門職を輩出しています。システム開発には、アジャイル・ワークスタイルを2019年度から本格導入し、全社展開を開始しました。日本人が本来得意とするチームワーク、見える化、自主的な活動など、「こういった取組みが浸透すれば自ずと労働生産性は高まる」ということを実践しています。さらに、生産性を最大化する働き方として、社員全員が出社勤務と在宅勤務の良さを取り入れたハイブリッド型の働き方を推進しています。

 SOMPOグループの非連続な進化をICT・デジタル技術で支える戦略的IT企業として、卓越した技術力を駆使し、経営基本方針“Our Way”のもと、グループの経営理念を実現し、さらに飛躍してまいります。 どうぞご期待ください。

2021年4月
SOMPOシステムズ株式会社
代表取締役社長
宮嵜 義久